人工関節の材料としても長年使用されている実績がある

人工関節の材料としても長年使用されている実績がある

歯の形態や色調はぼくの好きなようにしましょうことができます。 「隣の歯と同じく自然な歯」に見せつけちゃっていることも、「芸能人にみようかな白い歯」にするだけは、「1つの歯の先端と根元の色を変えてグラデーション」みたいにすることもできる。近年、金属アレルギーを発症する患者さんが増えており、海外ではできるだけ金属を口の中に使用しないように喚起されます。 最近、セラミックの1つとして使用されてる「ジルコニア」は、体に非常にもっとも親和性の高い非金属の材料であって人工関節の材料としましても長年使用さている実績があるので、安心して口の中にも使用できます。金属を使用したかぶせものが入っていると光を通さなくなったので、明るいところは歯が暗く見られてしまいましたとしてましいるが、金属を使い始めていないと透過するため、自然の歯と同様に高い透明感を再現することの方ができます。金属を使用したかぶせ物は年数が経過していくと少しずつ歯肉(歯ぐき)の方に金属のイオンが溶出してくるため、かぶせ物の境目近くの歯肉が黒っぽく変色していきます。 金属を使用しないセラミックは、もちろんそんな変色はないです。

トップへ戻る