ご自身が何を優先やりたいのかを十分に検討

ご自身が何を優先やりたいのかを十分に検討

削ったり、抜いたりすることのデメリットよりも、そのままにすることのデメリットのほうが大きいケースも多くなったのでは。これらを治そうとした場合、マウスピースやワイヤー&ブラケットによる矯正法でありましたとしても、歯列内にキレイに歯がおさまるようスペースを作らなくてはなることはなくなりましてしまったので、歯を削るか抜く必要があるんです。ご自身が何を優先したいのかを十分に検討し、治療をするかしないか、もしくはどういうな治療法を選択するか決めるといいでしょう。また、矯正治療は行わず、ほったらかしにするという選択肢もありながら、歯並びが悪い方は、歯並びがキレイな方よりも歯の寿命が短い傾向にあります。ただ、マウスピースやワイヤー&ブラケットによる矯正法しかしていながら、歯を削ったり、抜いたりする必要はあげられます。セラミック矯正の場合は、スペースだけででではなく、歯の傾きも変えるために、他の矯正法よりも歯への侵襲度合いが高くなるのですが、短期間で歯並びがキレイになるメリットと、歯を削ったり、抜いたりするデメリットの両方を考慮に入れたうえで、セラミック矯正をお選びになる患者様もたくさんいらっしゃいます。セラミック矯正は、歯を削る必要があるため、歯の強度が弱くなったり、歯の寿命が短くなる可能性があげられます。出っ歯やでこぼこの歯並びは、顎の大きさが小さいため生えてきた歯が歯列内にキレイにおさまらないときに起こります。歯並びが悪い場合、口腔内の衛生管理が難しいため 虫歯や歯周病になりやすく、また特定の歯に噛む力が集中するためその歯に過度な負担がかかります。

トップへ戻る